遺骨は散骨してもらいたい……海や山の自然に還す方法

死んだら遺骨は散骨して……と言われたら、海・山それに霊園でも散骨可能

海洋散骨

海洋散骨は法的位置付けや行政による規制よりもマナーが必要

更新日:

海上散骨はトラブルが少ないです。

海岸線から遠く離れた海域での散骨で、

トラブルが起きたという報告は一度も聞いたことがありません。

その理由は、海洋散骨の法的位置付けではなく、行政による規制があるためです。

 

1.散骨を法的に位置付ける法律

リゾート地の近海での散骨も禁止

散骨を法的に位置付ける法律は、2つあります。

通称「墓埋法(ぼまいほう)」といわれている「墓地、埋葬等に関する法律」と、「刑法190条」の遺骨遺棄罪です。

前者では、「埋葬又は焼骨 の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。」と規定されています。

つまり、納骨は、都道府県知事の認可した墓地、納骨堂に限ります。

後者では、「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。」と定められています。

「遺骨」を「遺棄」するのが違法ならば、3年以下の懲役と厳しい。

 

2.節度をもって行われる散骨ならば問題はない

海岸での散骨はやめよう

前述の2つの法律に対して、

厚生省は、「墓埋法」に対し散骨は「法の規制外」、

法務省も、「刑法190条」に対し散骨は「節度を持って行われる限り問題はない」

と、1948年の国会審議で見解を出しています。

つまり、節度をもって行われる散骨ならば問題はないのです。

でも、

この「節度をもって行われる散骨」って、抽象的ですね。

一般的には、

散骨場所としてふさわしい場所かどうか。

散骨する時の遺骨の状態がふさわしいかどうか。

と、理解されています。

場所は、他人の私有地ではふさわしくないでしょうが、

海洋や山のなかであれば、許されるところもあります。

遺骨の状態は、人骨とわかる状態はふさわしくないでしょうが、

2mm以下の粉末状に粉骨すれば、許されるところもあります。

わかりやすく言えば、

散骨する海に関しては、暗黙のルールで、許可はしていないけど、

「罰することはない」です。

 

3.条例で規制

船からの海洋散骨は沖合で

法律さえ順守できていれば、どこでも散骨できるわけではありません。

いくつかの自治体は、条例で規制しています。

その他、他人の私有地に無許可で散骨を行えば、

民法による損害賠償請求される可能性もあります。

他人の私有地に許可なく散骨を行うのは、言語道断です。

散骨場所として条例で規制されている場所の特徴

・散骨許可の無い私有地(許可を得るには、半径200メートル以内の住民の同意書が必要)

・観光地やリゾート地周辺

・漁場や養殖場の近くの海域

・民家から500メートル未満

・散骨許可の無い公共施設・敷地内

 

4.特に条例が厳しいのが、北海道と伊豆周辺

海水浴場の近くでの散骨は禁止

これらの地域には、

詳細なガイドラインが設けられています。

違反すると、

罰金刑などが科せられますよ。

ココに注意

特に、伊豆熱海では、風評被害などで熱海市のブランドイメージが損なわれるのを防止するため,

厳しい条例になっています。

熱海市海洋散骨事業ガイドライン要旨

・10キロメートル以上離れた海域で行うこと。

・海水浴やマリンレジャーのお客様の多い夏期における海洋散骨は控えること。

・焼骨をパウダー状にし、飛散させないため水溶性の袋へ入れて海面へ投下すること。

・環境保全のため自然に還らないもの(金属、ビニール、プラスチック、ガラスその他の人工物)を撒かないこと。

 

5.法律以前にマナーも必要

堤防での散骨も遠慮する

散骨で周りの人や自治体とトラブルにならないように、

自主的に配慮するマナーは、

供養のためにも必要です。

ココに注意

特に気をつけなければならないのが、周りの人々の感情です。

例えば、

人目がないからといって、条例が規制されていない海水浴場があったとしても散骨はダメでしょう。

多くの人々の感情として、遺骨に対して気持ちのよいものではないことを否定できません。

海に散骨する場合は、なるべく人目の届かない沖合で散骨するのがマナー。

海洋散骨の専門業者も、「海岸から20km以上沖合い」の自主ガイドラインを設定しているくらいですから。

周辺の漁船もいないという点も、マナーの一つ。

喪服は着ないようにしたり、

花束や遺品を一緒に撒くというようなことも避けるべきです。

 

ミキワの粉骨・散骨サービス

散骨費用の相場は代理散骨が50,000円、個別散骨が200,000円程度に対し

ミキワの散骨サービスは代理散骨25,000円、個別散骨100,000円~と格安

墓じまいの供養先のひとつとしても散骨が注目されています

さらに、遺骨の郵送費はすべてミキワが負担

-海洋散骨

Copyright© 遺骨は散骨してもらいたい……スムーズに海や山の自然に還す方法 , 2019 All Rights Reserved.