遺骨は散骨してもらいたい……海や山の自然に還す方法

死んだら遺骨は散骨して……と言われたら、海・山それに霊園でも散骨可能

樹木葬

公営墓地でも私営墓地でも墓を建てるより管理がとても大切

更新日:

元気なときに、遠いけど地元の墓地を手配したが、

いざ歳をとってみると、子供たちが墓には来てくれないかもと

思っても後の祭りです。

自分の死後、墓そのものが邪魔ものにされない工夫が、

必要なご時世です。

 

1.墓地には私営墓地と公営墓地に分かれます

都会の墓地は混み合っている

 

①私営墓地の中にも、寺院墓地と宗派不問の墓地に分かれます。

寺院墓地は、その宗派の戒名でなくては、

納骨できないといったルールだと思ってください。

つまり、その宗派もしくはそのお寺で葬式をあげる必要があります。

儀式を行わないと納骨拒否をくらう件は、

裁判になりましたが、寺院が勝訴してます。

宗教法人が直接経営する民営霊園も同じです。

一方で、不動産会社や大手の石材店が宗教法人の名義を借りて経営する、

宗教不問の民営霊園もあるので、

わかりにくくなっています。

その他、石材店の指定制だったり、

ルールが結構あります。

 

②公営墓地は基本的に特別なしばりは無く自由です

公営墓地は、市町村の税金を使い、

住民サービスの一環として運営するもの。

だから、

お寺の墓地と村落共同型墓地の2か所に、墓があるのも、

田舎では聞くことがあります。

村落共同型墓地は、墓埋法施行以前からの墓地をひとまとめにした墓。

また、

古くから特定のお寺の檀家になって、

寺院を維持していても、公営墓地に墓を建てることは別で自由。

お寺さんと付き合いたくない人は、

公営墓地に納骨します。

樹木葬の墓地でも、お寺さんの経営するところではなく、

公営の樹木葬の墓地にされてはどうでしょうか。

樹木葬なのに、わざわざ戒名をもらう必要もありません。

 

2.都市では順番待ち、地方では供給過多の現実

私設墓地

日本全体は人口減少の時代に入りました。

しかし、

人口の都市集中は、特に高齢者に傾向が強く、

墓不足を招いています。

交通不便な田舎の古い共同墓地などでは、

管理者不在のところも珍しくありません。

管理者不在では、墓地の共有部分である通路、水道などの管理も

できておらず、結局墓の相続人同志でもめる事になってしまいます。

墓を建てるより、墓の管理が、とても大切な理由です。

 

ミキワの粉骨・散骨サービス

散骨費用の相場は代理散骨が50,000円、個別散骨が200,000円程度に対し

ミキワの散骨サービスは代理散骨25,000円、個別散骨100,000円~と格安

墓じまいの供養先のひとつとしても散骨が注目されています

さらに、遺骨の郵送費はすべてミキワが負担

-樹木葬

Copyright© 遺骨は散骨してもらいたい……スムーズに海や山の自然に還す方法 , 2019 All Rights Reserved.