遺骨は散骨してもらいたい……海や山の自然に還す方法

死んだら遺骨は散骨して……と言われたら、海・山それに霊園でも散骨可能

お墓

お墓を維持できないからと言って簡単に処分すると子々孫々にまで影響する?

更新日:

清楚な菊

最近では、墓地が購入できないとか維持費が払えないなんて話をよく聞きます。

しかし、お墓を維持できないからと言って、

お墓の処分は慎重にした方がよさそうです。

 

・お墓の処分は、自分だけの問題にとどまらず子々孫々にまで影響

亡くなられたら、お墓に入れるのは当たり前かもしれません。

しかし、

お墓は、残された人たちの心の慰めのためにあるとも言えます。

亡くなった両親のことが思い起こされ、語りかけたくなることも。

そんな時に、お墓がないのは、とてもさみしい思いをすることになります。

普段から自分はそうなるかもしれないと思う人は、

お墓を維持できないからといって、墓終いなど処分するのは、

慎重に考える方がいいかもしれません。

 

・お寺のお墓を民間のきれいな霊園に移したい

お寺のお墓は管理料金が高いと思っている方が多いです。

どうせ管理料金を払うなら、

今時のきれいな民間霊園に、お墓を移動しようと考えるのでしょう。

先祖以来のお寺は、確かに回忌法要や盆・彼岸などの法要などのお付き合いも

必要です。

しかし、住職は真摯にお勤めしてくれます。

それに、墓を移転する費用は、東京近郊では数百万円もかかります。

毎年の管理料も数万円かかるでしょう。

だから、お墓を民間霊園に動かしても、節約にはなりません。

安く上げるなら、管理費も不要な散骨をお勧めします。

 

・そもそもお墓とお寺とは切り離していい

戦前の前近代的、封建的な家長制度では、

お墓は檀家制度で、寺に属しているものでした。

つまり、家の墓はお寺が守るべきもので、その所有権は家長にあったのです。

本堂などの諸施設も境内地も、家長たち檀家総員のものですし、

住職はそれらを住み込みで守ってくれていました。

戦後は、これが改められ、法律にもお寺は一切出てきません。

お墓とお寺とは切り離されたのです。

もちろん、宗教は自由ですから、

従来通りにお寺にお墓をお願いしている家も多いのは、ご存知の通り。

さらに、

少子化が進むため人口が減少し、お墓は不要になり余ってきています。

そのため、後継者不要のお墓が各種出てきているのも納得します。

最近は、散骨や樹木葬が有名ですね。

 

ミキワの粉骨・散骨サービス

散骨費用の相場は代理散骨が50,000円、個別散骨が200,000円程度に対し

ミキワの散骨サービスは代理散骨25,000円、個別散骨100,000円~と格安

墓じまいの供養先のひとつとしても散骨が注目されています

さらに、遺骨の郵送費はすべてミキワが負担

-お墓

Copyright© 遺骨は散骨してもらいたい……スムーズに海や山の自然に還す方法 , 2019 All Rights Reserved.