遺骨は散骨してもらいたい……海や山の自然に還す方法

死んだら遺骨は散骨して……と言われたら、海・山それに霊園でも散骨可能

お墓

お墓を持てないことはないけど墓って難しいです

更新日:

無宗教でもお墓は持てます。

何かの宗教を信心していないと、お墓が持てないというわけではありませんが、

お墓って難しいです。

 

お墓の難しさ①;お墓の名義人の許可が無ければ納骨出来ない

菊

当たり前かと思う人もいるかもしれませんが、

お墓の購入する人とお墓の名義人が違う場合がありますね。

そんな場合は、

お墓の名義人の許可が無ければ納骨出来ないのです!

だから、先祖の墓に入るには、家を継いだ人の許可が必要

兄弟や親類だからというだけでは、入れないんです。

 

お墓の難しさ②;永代供養をしてもらえない

永代供養はどのお寺でもできるものではありません。

家に後継ぎがいた昔には、永代供養は後継ぎの務めでした。

わざわざ、お寺さんに永代供養墓として、供養を委託することも

ありませんでした。

最近では、少子化、核家族化によって、後継ぎする人が少なくなってきた結果

多くのお寺さんで行ってるのが現状です。

お寺さんも、本当は檀家として、寺を守って欲しいんです。

 

お墓の難しさ③;外国人はお墓に入れない!?

これは、家系や血筋を重要視する家の場合に、問題となるケースです。

代々続くお墓なんかが、そうです。

最近の国際化で、必ずしも伴侶およびその子供たちが、

純粋の日本人とは限らなくなってきていますね。

外人の奥さんはお墓には入れないなんて、国際化に逆行しますが、

いまだに反対されるのも現実にあります。

 

お墓の難しさ④;お墓には金がかかる

お墓は、管理費(年払い)が基本かかります。

お盆などのお参りと掃除のために、出かける費用。

供養があれば、お経をあげてもらいお坊さんへのお布施。

などなど、結構な金額になります。

近頃の台風は、墓石も吹き倒す勢いなので、

そうなった時の墓石修理の費用も、考えておいたほうがいいです。

あなたが亡くなった後は、あなたの子供さんが払うことになります。

子供に負担をかけたくないからと、

最近は、墓を作らない老人が増えているそうです。

まとめ

・お墓の名義人の許可が無ければ納骨出来ない

・永代供養はどのお寺でもできるものではない

・外国人がお墓に入る場合反対される場合がある

・お墓には金がかかる

 

ミキワの粉骨・散骨サービス

散骨費用の相場は代理散骨が50,000円、個別散骨が200,000円程度に対し

ミキワの散骨サービスは代理散骨25,000円、個別散骨100,000円~と格安

墓じまいの供養先のひとつとしても散骨が注目されています

さらに、遺骨の郵送費はすべてミキワが負担

-お墓

Copyright© 遺骨は散骨してもらいたい……スムーズに海や山の自然に還す方法 , 2019 All Rights Reserved.